« 建学の精神? | トップページ | あっぷでーと? 2 »

2009年9月10日 (木)

あっぷでーと?

ニックネーム校長の吉田です、ごぶさたしてました。(^^)v
パソコンはそれ自体でも楽しめますが、インターネットにつなぐと何百倍、何千倍も楽しみが増えます。でも同時に、しなければならないことも増えます。ウイルス対策とアップデートです。今回はアップデートについて考えてみましょう。

ずいぶん昔のことですが、コンピューター勉強の大先輩に聞いたことがあります。「コンピュータはプログラムで動いている。プログラムは人間が書くので完璧ではない。どうしても間違いや見落とし、矛盾などが起きてしまう、ということを忘れてはいけない。」とのことでした。
Bugy_2 完璧でない(不具合があるかも知れない)プログラムが使われているなど、私にはとても信じられませんでした。しかし数多くの事例を見ているうちに、これが先輩の言われたプログラムの間違いなのかも知れないと思われることも、しばしばありました。通称「バグ」と言い、虫を意味するそうです。人間の間違いを虫の所為にするみたいで、かわいそうですね。(左の写真は バグ-Wikipedia より)

プログラムを書いたら、必ず「バグ取り=デバッグ」と言う作業が必要になります。プログラムは充分にデバッグをし、検証確認してから発表されますが、後になって不具合や訂正した方が良い点など見つかる場合があります。そこでアップデート、更新作業が必要になります。

長文になりそうですので「あっぷでーと? 2」へ続きます。

|

« 建学の精神? | トップページ | あっぷでーと? 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163975/46171503

この記事へのトラックバック一覧です: あっぷでーと?:

« 建学の精神? | トップページ | あっぷでーと? 2 »