« 2008年3月 | トップページ | 2010年3月 »

2009年9月10日 (木)

あっぷでーと? 4

ニックネーム校長の吉田です、さらにさらにあっぷでーとの続きです。(^^)v
安全対策のアップデート、三つ目はパソコンのメーカーから連絡される更新作業です。パソコン内部の機器を動かしている独自プログラム(ドライバソフトやBIOSなど)を更新しなくてはならないときに案内の表示が出ることがあります。 FMVですと「アップデートナビ」などがあります。NECですと「121ポップリンク」が該当すると思います。Updatenavi_2

操作を間違えると機器が動かなくなることもありますので、注意して作業してください。自信が無いときは無理しないでキャンセルし、先生か校長までお尋ねください。ご自分のパソコンが通常に動作していれば、そのままでも良い場合が結構多くあります。

以上ですが、自動的に更新作業をさせるためには、インターネットにつないだ状態を最低でも週に2~3時間は作る必要があります。そのためにも高速な常時接続が大切です。フレッツ接続ツールなどでダイヤルアップ(インターネットにつなぐとき毎回接続ボタンを押す)の方は、なるべく早くルータ接続に切り替えられますようお勧めします。当校の受講生様は、御相談いただければ私が対応いたします。ご遠慮なくお問い合わせください。

ウイルス対策(ファイアウォールを含む)とアップデートをしっかりすれば、安心してインターネットが楽しめます。もちろん危ないところに立ち入らなければ、です。「君子危うきに近寄らず」「欲する処に従えども、則を越えず。」まさにインターネットの極意です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あっぷでーと? 3

ニックネーム校長の吉田です、さらにあっぷでーとの続きです。(^^)v
安全対策のアップデート、二つ目はウイルス対策ソフトの定義ファイル更新作業です。次々と出てくるウイルスやワーム(これも何故か虫という意味です)は、それぞれ独自のパターンを持っています。それを見つけてウイルスを除去するのに必要なのが定義ファイルの更新です。

なにやら難しげですが、最近のウイルス対策ソフトですと通常は自動的にやってくれます。ただ、再起動が必要な重要更新のときは案内のウインドウ(右下から立ち上がる画面など)が表示されます。よく読んでウイルス対策ソフトが表示しているのを確認できたら、「はい」をクリックすれば自動的に更新して再起動してくれます。

Nisliveup_2 ノートン インターネット セキュリティ 2009 の場合は、アイコンをクリックして開いたら 「 Live Update を実行」をクリックすることで定義ファイルの更新を明示的にすることができます。

ウィルスバスターでも同様に、「アップデートを開始」をクリックして更新することができます。他のウイルス対策ソフトでも更新機能は必ず付いていますので、表示される文面を良くご覧ください。

アップデートはさらにさらに「あっぷでーと? 4」へと続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あっぷでーと? 2

ニックネーム校長の吉田です、あっぷでーとの続きです。(^^)v
アップデート、更新作業には二つの性格があります。一つはセキュリティ、安全対策です。そのまま放っておくと侵入されたり書き換えられたり、あるいは情報流出のもとになってしまう危険性があるものです。もう一つは、もっと便利で使いやすいものに改良されたり、日々新しくなるパソコン環境に合うように修正されたりするものです。あるいはそのプログラム会社にとってより有利になるように変更したい場合もあります。もちろん緊急性があるのは前者の方です。

安全対策のアップデートにも大きく分けて三つの種類があります。まず一つ目は基本ソフトの更新作業です。WindowsならWindows Updateですね。最近はオフィスソフト(WordやExcelなど)も一緒に更新するMicrosoft Updateが推奨されています。これは前述のようにプログラムの矛盾や不備を突いて侵入されることを防ぐためです。「スタート」から「すべてのプログラム」で「Windows Update」をクリックすることで確認できます。

Updateindic_2Vistaなら、終了する際に茶色の電源マークにオレンジの注意信号があれば、それをクリックすることで自動的に更新作業をしてから終了することができます。

Dengenshut Windows XP でも、スタートボタンから終了オプションを開いたときに重要な更新のメッセージが表示された場合、電源を切るボタンを押すことで自動的にWindows Update されてからシャットダウンすることができます。

アップデートはさらに「あっぷでーと? 3」へと続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あっぷでーと?

ニックネーム校長の吉田です、ごぶさたしてました。(^^)v
パソコンはそれ自体でも楽しめますが、インターネットにつなぐと何百倍、何千倍も楽しみが増えます。でも同時に、しなければならないことも増えます。ウイルス対策とアップデートです。今回はアップデートについて考えてみましょう。

ずいぶん昔のことですが、コンピューター勉強の大先輩に聞いたことがあります。「コンピュータはプログラムで動いている。プログラムは人間が書くので完璧ではない。どうしても間違いや見落とし、矛盾などが起きてしまう、ということを忘れてはいけない。」とのことでした。
Bugy_2 完璧でない(不具合があるかも知れない)プログラムが使われているなど、私にはとても信じられませんでした。しかし数多くの事例を見ているうちに、これが先輩の言われたプログラムの間違いなのかも知れないと思われることも、しばしばありました。通称「バグ」と言い、虫を意味するそうです。人間の間違いを虫の所為にするみたいで、かわいそうですね。(左の写真は バグ-Wikipedia より)

プログラムを書いたら、必ず「バグ取り=デバッグ」と言う作業が必要になります。プログラムは充分にデバッグをし、検証確認してから発表されますが、後になって不具合や訂正した方が良い点など見つかる場合があります。そこでアップデート、更新作業が必要になります。

長文になりそうですので「あっぷでーと? 2」へ続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2010年3月 »